こひなたぼっこしたい!

毎日の活動報告と雑記。有益なことはなんでも発信します。

樺沢紫苑本7冊をまとめてみた(アウトプット大全他)

 

お疲れ様です。ewillです。

 

今回は「インプット大全」「アウトプット大全」他、

樺沢紫苑さんが出した名著で参考になった部分をまとめます。

  • 樺沢紫苑さんの本が気になっている方
  • アウトプットしたい方
  • インプットしたい方

これを読んで頂ければ大体の要点はわかるようにしました!

しかし是非一度、この2冊程度は是非読んでみてください!それくらいゴリ押ししたい良書です。他の本ももちろん素晴らしいですが。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 
学び効率が最大化するインプット大全

学び効率が最大化するインプット大全

 

 

 今回の記事構成は「インプット大全」に書いてあるポイントで、全てをインプットせずに、特に重要な気づき3点を取り出すことを重視しています。3+3+・・・の怒涛の繰り返しで紹介していきます。

 

 

アウトプット大全

  1. ブログや日記を使って、とにかくアウトプットする
  2. 理想の1日を思い描いて行動する
  3. 2週間に3回アウトプットすることで定着させる 

本ブログを始めるきっかけとなった本です。とにかくアウトプットの場を設けて、インプットを定着させることが重要。その手段や、効率的な考え方をまとめている良書です。インプット:アウトプット=3:7の比率で発信を心がけましょう。

インプット大全

  1. 学ぶときは3つだけ持ち帰ることを念頭に置く
  2. 能動的娯楽を意識する
  3. AZ(アウトプット前提)で情報を取りに行く 

 インプットの仕方について、本だけでなくテレビ・美術館など様々な媒体での取り込み方が書いてある本です。普通に生きてると全くインプットしない生き方になってしまう、危機感が持てる良書です。

神・時間術

  1. 朝に重要な仕事をする(脳のゴールデンタイム)
  2. 運動をすること
  3. 集中時間を大切にすること (休憩後、45分を意識する)

時間というものは、みんなに平等に与えられた資産です。その資産をどう使うか?神的な使い方をしている樺沢先生の時間術が学べる方法です。時間軸に集中度という概念を入れることで時間をより有効に扱う手段を提唱しています。 

 

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

 

 

絶対にミスをしない人の脳の習慣

  1. 未病という考え方をする
  2. ミスが起こりやすい仕事を朝にする
  3. To doリストを作成する 

病気の一歩手前という、ちょっと調子が悪い状態を自分に定義する重要性が学べた本でした。未病。時間術でも似たような話がありますが、朝の時間を有効に使うことと、To doリストで1つのことだけに集中できるような環境を作ることが重要とありました。私もこの方法は取り入れています。

絶対にミスをしない人の脳の習慣

絶対にミスをしない人の脳の習慣

 

精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則

  1. 睡眠は時間ではなく質を重視すること
  2. エアコンはつけっぱなしが最も睡眠に良い
  3. 良く眠れれば大抵良い状態になる

睡眠に困っている人にとってはバイブル。それでもなかなか睡眠障害は改善されないときがありますが、困ったときは全部従ってみましょう。少しずつですが、会心の朝が出てきます。

精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則 日本で一番わかりやすい睡眠マニュアル
 

 

脳を最適化すれば能力は2倍になる

  1. 夜は創造的作業が良い(素材集め)
  2. 脳にほめすぎはない
  3. ストップウォッチを使うと仕事がはかどる

朝の時間の使い方は決断や執筆作業などのまとめる作業に対し、夜はリラックスに加えて、創造的な作業が得意になる(脳のタガが外れる)ことが書いてます。深夜テンションのことかな?脳にほめすぎはなく、その分伸びる。ストップウォッチを使うとより目標達成が意識されやすくなるあたりも参考になりました。

 

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

 

 良い緊張は能力を2倍にする

  1. 緊張は敵ではなく、味方にできる
  2. ちょうど真ん中あたりのテンションを意識する
  3. 落ち着くには深呼吸・水を飲む・ゆっくりしゃべる

 あまり自分には関係がなさそうな本でしたが、良書でした。なにかの作業を行うときもだらけ切った状態だとテンション(緊張)が上がらないのにはちゃんと理由がありました。人がいる場所で作業することはちゃんと意味があることでしたね。

いい緊張は能力を2倍にする

いい緊張は能力を2倍にする

 

 

以上、最近読んだ樺沢紫苑さんの本の3点アウトプットでした。アウトプット大全とインプット大全は今後、もっと掘り下げていく予定です。全ての項目を自分に評価してみようかなと。。

 

 ではでは。