こひなたぼっこしたい!

毎日の活動報告と雑記。有益なことはなんでも発信します。

ブログタイトルを決める方法[雑記ブログのすすめ]

お疲れ様です。ewillです。

 

この度、タイトルを変更しました。

「こひなたぼっこしたい!」

 タイトルを考えるに発見した重要な考え方について紹介したいと思います。

  • タイトルに悩んでいる方
  • ブログを書き続けているなかで違和感を感じた方
  • コンセプト・ブランディングに悩んでいる方

の参考になれば幸いです。

先に結論からいくと、タイトルで悩むのであれば思い切って、

「タイトル・コンセプトをぼかしたブログから始める」

のはいかがでしょうか?雑記ブログから始める方に特にオススメします。

 

 

 

コンセプトを先に決める危険性

まず、ブログを始める前にコンセプトを決めましょう。ブログのコンセプトやタイトルは言わば、「お店の看板」「お店の商品系列」です。

しかし、ブログを書き続けていくと、そのうちコンセプトがぶれてしまうときが多々あります。この原因は、ブログコンセプトに沿っていないことでも発信したいことができたからです。

このときにコテコテにジャンルを絞ったコンセプトやタイトルの場合、発信することができません。最悪、取り残されてしまうブログとなってしまうかもしれません。

わかりやすい例で行くと、こういった場合です。

 

ブログタイトル:iphone6大全

コンセプト:iphone6の全てを紹介します!

 

このようなタイトルで攻めた場合、iphone6から次世代のiphone7が生まれた瞬間、ブログの寿命を迎えてしまいます。アフィリエイトの場合は、特化した記事を書くため、寿命が短くても一つのタイトルに絞った方が強いですが、ブログの場合は返って首を絞める結果となる可能性があります。

つまり、どんなブログにしたいのか?を問い続けないと最終的な答えは出ません。ブログを始める前にしっかりと「なぜそのブログをあなたが始める必要があるのか」「誰にそのメッセージを伝えたいのか」「どうやって伝えるのか」を考えてからブログを始めましょうと。。ちょっと辛くありませんか?

人の思いや考え方は簡単に変わるものです。その時々によって誰に伝えたいかも変わります。ジャンルを絞ってこれ一本で無限に記事が書けるというのならば良いのですが、そういうジャンルがあればタイトルはおのずと決まってきます。タイトルに悩んでいるということは決まっていないということです。では、どうすれば良いでしょうか?

解決策は、コンセプトやタイトルをぼかすことで様々なジャンルを書けるようにすることです。ジャンルでいうなら雑記ブログと言われている種類のブログを目指します。

タイトルやコンセプトをぼかすメリット・デメリット

一番のメリットは、新しく伝えたいことを柔軟にブログに取り入れることができることです。有名なブロガーさんのブログタイトルは8文字以内であることが多いようです。その時々で上手く時流に沿って、ついていけるようなタイトルにしているからこそ、ぼかしているのかもしれません。

デメリットとしては、読んでほしい読者にどういったコンセプトのブログなのか、一目ではわからない点。あまりにも煩雑になってしまうと、読者がついていけなくなる点でしょう。

対応策は、初期は3つ程度にカテゴリをなるべく絞って発信する。発信したいジャンルが増えたらやむなしで徐々に増やしていくが、増えすぎないように心がける等が挙げられます。

 

私のタイトル決め方一部始終

タイトルはぼかせば良いので、あとは決めるだけです。私自身は仕事・投資・デレステを中心に発信し、脱社畜をしていくというコンセプトで当初やっていました。しかし、最近、思うんです。固い。堅い。。と。そして、社畜から抜け出した際もこのブログは続けていきたいと。そう考えた結果、最終的に目指したいのは、穏やかな生活ブログです。穏やかな生活に欠かせないもの。そう、こひなたぼっこです。

f:id:ewill:20191027103702p:image

以上が、私がタイトルを変更するにあたって検討した一部始終です。要はそこまで深く考える必要はないということが言いたかっただけです。ぼかしてさえしまえば何でも良いでしょう。

 

ではでは。