こひなたぼっこしたい!

毎日の活動報告と雑記。有益なことはなんでも発信します。

命燃やして運動しろ【BRAIN 感想】

感想としては、普通の本です。が、元気になる本です。

頭の先からつま先まで終始、運動しろと伝えたいことがわかる本です。

一流の頭脳

一流の頭脳

 

 

脳のパフォーマンスを上げるのは・・運動!

脳をパフォーマンスを上げる運動は、

  • 最低でも30分以上
  • 週に3回45分以上のランニング

これ以上の運動は脳のパフォーマンスを上げたいのであれば不要。

 

本当にこれだけしか、語っていない本です。1時間で読めた。書店でさっと読む本でしたね・・・。

ツイッターでおすすめされていたので試しに買ってみたのですが、正直あまり・・・とといったのが感想です。

様々な運動による効果を説いていますがどうせなら、運動に適した時間帯であったり、どのように続けていくべきかの「仕様」についても語って欲しかった。

運動が健康に良い影響を与えることなんてわかっています。

それでもできない私のような人向けの方法とかあれば良かったのになあ。。

読み切ると、「運動したいなー」と心から思える本です。

確かに、脳のパフォーマンスをとにかく上げるなら、適切な運動が最速で効果があるなと感じるデータや裏付けを体系的にまとめています。

私もその効果を実感できるように頑張りたい。。

実は実感経験あり!テレワークの憂鬱

テレワーク環境から今や、完全出勤モードに変わった弊社ですがテレワークが4日続いたときに身体の不調がありました。そもそも身体を仕事モードに切り替えるのもテレワーク中は相当大変だった記憶があります。

当初は、働くのに適した場所が与えられていないからかと感じていたのですが、どうやら違うかもしれません。

  • 太陽にあたる20分以上の移動時間
  • 会社内での上下移動

「スキマ運動」と言えばよいでしょうか。

携帯を一時も外さずに測定したところ、なんだかんだ7000歩近く毎日歩いていることがわかりました。

これだけ歩いていれば、累計30分以上のウォーキングレベルはクリアしていたのかもしれません。

後はランニング時間だけ確保していれば最強の脳に近づくと・・・。希望が持ててきました!

 

参考:運動に適した時間

ただいま、睡眠の勉強をしているのですが、その中でも運動は語られています。脳のパフォーマンスという面では、私は睡眠の方が重要な要素だと感じているので、運動よりも睡眠を優先しますが、睡眠のためにも運動は推奨されています。

更に睡眠を考慮すると、早朝のランニングや寝る直前のランニングは心拍数を上げてしまうため、NGです。

 考えてみれば当たり前ですが、運動に一番適している時間は昼です。私達、狩猟民族ですから。しかし現実は難しいでしょう。というわけで推奨されているのは夕方~夜になります。

特に、深部体温が上昇する19時あたりの時間から運動を始めるのが最適。夕方くらいから始めるのもアリです。

寝る2時間前の運動はNGなので、大体16~21時の間を狙って運動ができると良いですね!

休日なら夕食前の45分前からの運動が最適かな!平日は、、、うーん。今のところ良いものが思いつきません。。

こんなときこそ階段か。。。

https://freetonsha.com/2016/10/25/no-stairs-no-life/

 

正しい眠り方

正しい眠り方

  • 作者:友野 なお
  • 発売日: 2017/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

ではでは。

参考:読んでいる最中に感じた読書メモ

運動が脳に及ぼす影響について書かれている本

脳内の連携がパフォーマンスを左右する

運動はストレスにも良い影響を与えてくれる。闘争か逃走か心拍数が上がるとそのモードになる。日頃からランニングで心拍数を上げていればそのモードに入るのを減らすことができるだろう。

運動をすると、心地よい気分になるのはなぜだろうか。それは狩猟や住処を下がすときに走っていたためだからだ。

「生存」の可能性を増やすために、走っていたのだから、私たちが運動をすると脳が「ご褒美」を与えてくれる。ドーパミンが増えるのだ。

「高次の施行によって衝動を抑え込む働き」は

運動を習慣にしている人の前頭葉で起こる。それは脳の他の領域との連携が強くなり、残りの領域にも影響を与えて制御できるようになるからだ。

最低でも20分はランニングしたい30分だ以上はやめろ