こひなたぼっこしたい!

毎日の活動報告と雑記。有益なことはなんでも発信します。

56日目 「人それぞれ」と知る (ストア派哲学入門より)

本日は56日目です!

 本記事はこの本に乗っ取って1日1日ストア派勉強しようという趣旨で作成しております。少しでも参考になれば幸いです。

1.本に書かれている原文を紹介 

「人それぞれ」と知る

「誰かがお前に過ちを犯したと? 放っておけ。その人にはその人の気質があり、それはその人自身の問題なのだ。お前が今受けたことは、宇宙の摂理が命じたことであり、私が今なそうとしていることは、私の内なる摂理が命じることなのだ」  マルクス・アウレリウス『自省録』

2.著者の考え方をまとめる

 マルクス・アウレリウスは反撃するのは簡単だと知っていました。ついやり返してうっぷんを晴らしたくなる。だが、そんなことをしても後悔するのは目に見えています。その行動をしなければと悔やむことになります。

かっとなって自制を忘れたときのことを思い出しましょう。その結果どうなったでしょうか。恩恵はありましたでしょうか?

3.自分の考えをまとめ、具体的な行動に落とし込んで評価する

 なかなか難しい問題、特に男性は気を付けた方が良いと言われている問題ですね。

善意のつもりでアドバイスをしたつもりでも、聞いてくれないとちょっとイラッとしてしまう方もいるのではないでしょうか。自分の身を案じてくれた友人からのアドバイスも同様です。

たとえ、その日は動揺してしまっても後々なぜ動揺してしまったのかを考察すると良いです。そして、こんな考え方もあるなと自分の視点を広げる糧にしましょう。

感情を出し過ぎることがないように! 

4.週末に振り返り、新しく気づいたことがあれば追記する

特になし。

5.実際にできた行動や、考え方が変わった事例を紹介する。

特になし。