こひなたぼっこしたい!

毎日の活動報告と雑記。有益なことはなんでも発信します。

朝礼という時間泥棒(不要)。夕礼を推奨!!

毎月、必ずある朝礼。

あの時間ってただただもったいないなと、つくづく思っています。周りの人に聞いてみても、朝礼は意味があると本気で考えている人は皆無です。それは仕事にやる気がないからだって?それもあるかもしれませんが、多くの同僚やモチベーションのある上司ですら、たまに朝礼の愚痴を言っています。

つまり、朝礼は不要なのです。

といってもなぜ不要と感じるのか?個人的に考えた項目と私が考える朝礼の目的を良く伝達するための方法を考えてみようと思い、記事にしてみました。

 

 

表彰なんて誰も得しない

朝礼でまず、取り上げられることです。部署の働きが優秀だったので、表彰状をもらう一連の流れです。大体10分くらい、かかるときは20分くらいやるときもあります。朝礼に集まった社員数が300人とすると、毎月3000分のコストをかけて表彰状を渡していることになります。その効果はいかほど??絶好の睡眠時間になるくらい。。ですかね・・・

更に表彰に立たれる優秀な社員のかたの準備時間も考えると、もっと時間を損失していると想定されます。表彰されるときに話す挨拶を考える時間、他の人よりも早く集合して緊張して待つ時間etc。見えないところでいっぱい時間をかけていると想定できます。素直に、部署連絡で表彰されましたくらいで良いんじゃないかな。。メールで充分とすら思ってます。頑張っている部署は傍から見ても充分わかります。 

しゃべる人がプロでない

 事前にすごく準備をし、多くの時間と苦労をかけている表彰される方にいうのもなんですが、話が何回も同じことを聞いている錯覚に陥ります。つまり、眠くなるんです。

しかし、仕方ありません。しゃべりのプロでないのですから。そういった経験が豊富な方だと面白いなと思いますが、別に通常の仕事に求められる能力ではないでしょう。こういった経験が必要だからという理由でやるのであれば、別に良いですがコストはわりにあっているのでしょうか。

ちなみに私がもしやる立場になったら、しどろもどろでクソみたいなしゃべりになる自信があります。万が一立つ人間になったら、最初から謝っておこうかな笑。

ホント、立っている優秀な社員さんは凄いです。そして、その方達が使う表彰のための時間がもったいなく感じます。

会社の歴史やビジョンを話すべき

 朝礼の内容をすべて否定しているわけではありません。一番重要な話だからやっているんだという認識であれば、ひとまず表彰やらしゃべりなれていない社員の話はやめてほしいということです。

朝礼の時間で話すべきことは期初・期末だけ話すことが多い会社の大きな事務連絡やビジョン・具体的な方策です。これにしっかり時間を割くことをして欲しいです。実務や考え方に影響を与える話であれば、しっかりメモをとって自分の糧にしたいのです。

会社の歴史やこれから会社をどうしていきたいのか?毎月、トップダウンで具体的にこうしていくという話がされる朝礼であれば非常に価値があると思います。全員でビジョンを共有して仕事ができるわけですから。話題も共有できます。

夕礼とかどうでしょう?

 最後に私がここまでイヤイヤ言っているのは、時間帯のせいもあります。朝の貴重な時間を持っていかれたくないという思いが一番あります。一番朝礼の内容をやって欲しいのはノー残業デーの最後の1時間です。つまり、夕礼とかどうでしょう?この話が終わったらとっととみんな帰ろよという仕組みです。

帰る前なら、人間眠くなることは少ないでしょうし、つなぎでそのまま帰宅させられる良い仕組みだと思いませんか?ダメでしょうか?

ではでは。