こひなたぼっこしたい!

毎日の活動報告と雑記。有益なことはなんでも発信します。

習慣化したいことはHabiticaを利用して実現しよう!(To do・習慣化・日課)

 

お疲れ様です。ewillです。

 

習慣化したいことはありませんでしょうか。私は、Todoistとかいろいろなアプリを試してみましたが、最終的にHabiticaというアプリを使用することに決めました。

Habitica: Gamified Taskmanager

Habitica: Gamified Taskmanager

  • HabitRPG, Inc
  • 仕事効率化
  • 無料

apps.apple.com

このアプリの凄いところは時間をかけてやりたいことはTo doリスト化。なんとなく習

慣化したいことの明確化。さらにそれを日課へ、段階的に実現できる便利なプロセスをふめることです。

 

今回は、この中の「習慣」「日課」「To-Do」の使い方について紹介します。それぞれの起動画面を載せているので、参考にしてください!

また、他にも友達と協力できる。ゲームを進めて楽しみながら進めることができる、ごほうびを設定できるといった他の要素がHabiyicaにはあります。しかし、現在の私自身は不要と思っているので、今回は紹介しません。もし、どハマりしたら追記します笑。

「習慣」の使いかた

まず、一番気になる習慣の項目の使い方です。

この項目には、毎日はやらないだろうけど、習慣化したいことを記載します。毎日是非やりたい項目は次に紹介する日課に書いた方が使い勝手が良いです。例えば、読書するとか良い早起き(私は響きが良い会心の朝という言葉を使用していますね)をするとかです。最終的には毎日やることに落としたいのであれば日課に落とし込めるようにしていきましょう。習慣で一番使い勝手が良いのは悪い習慣の記載です。私のよくやる悪い習慣は「食べすぎ」や「1時間以上の昼寝」です。これをやってしまったかどうかをチェックすることができます。

これをやらなかったらダメ。やったら良いね!とといったものも設定できます。PositiveとNegativeの両方を記載。最初はこれを利用して習慣化していく流れを作るのも良いです。

また、難易度も設定できます。自分の目標を数値化、体系化して考える手助けとして使えます。

f:id:ewill:20191002220755p:image

使い方の注意点

実行回数のリセットを月間にして利用しましょう。デフォルトが日間なので、普通にやると毎日リセットされてしまいます。。また、月間で数字が消えてしまうので、できた回数をしっかり記憶したい場合はスクショして保存しておくことを推奨します。

日課」の使いかた

習慣化が大体できているけど、毎日やっているかリストチェックしたいあなたにベストなツールです。私は、これが一番気に入っています。ここには毎日やるべきことを記載します。記載した項目は毎日繰り返しにもできるし、休日のみ繰り返し等、自由に繰り返し範囲を設定することができます。

 f:id:ewill:20191002220759p:image

一番カッコいい形式は習慣化したいことを最終的には全てこの日課に落としこみ、マイナスの習慣だけは習慣の項目で残すことです。この形式へ最終的に目指していきたいですね!

また日課のすごいところは1日の終わりにつけ忘れてしまっても、アプリを起動するとリマインダーとしてどうだったか聞いてきてくれることです!これが最高です。

f:id:ewill:20191002051138p:image

このスクショを保存すれば昨日目標を達成できているかどうか一目でわかる+記載漏れをなくせます。

使い方の注意点

毎日保存しないとその日にやったかどうか記録が残りません。回数カウントに加えて色が付くので、できている項目などはわかりますが、、これは欠点ですね。しかし、毎日スクショさえすれば良いことです。なんならブログに上げて良い記録集として使い倒してしまえば良いでしょう。

「To - Do」の使いかた

自分がやりたいことの大目標を設定したりリマインダーとして使用するのがTo-Do項目です。自分の月間目標や四半期目標を好きなように書いていきましょう。期限を切ることができるので上手く利用しましょう。

 

f:id:ewill:20191002220802p:image

使い方の注意点

特にないです。シンプルに使用しましょう。気合を入れて書きすぎると見づらくなるくらいですかね。

 

以上、習慣化したいことや日課をこなす助けになることは間違いナシ!習慣化したいことがある方はものの試しに使ってみるのはいかがでしょうか。

 

ではでは。

後記(言い訳)

最近、日々の報告が上げられていませんが、実はこのアプリとうまく連動して記録できないかをしばらく検討していたからです。この記事が上がった次の日からはSleep MeisterとHabitica、そしてGoogleカレンダーの記録を載せた日々の記録をあげますので、よければ参考にしてください!